SCROLL

通信機能付き多機能ドライブレコーダーを活用した、新しいサービスDRIVING![ドライビング!]が誕生しました。通信機能付き多機能ドライブレコーダーを活用した、新しいサービスDRIVING![ドライビング!]が誕生しました。

免許を取得したばかりの方、加齢による運転技術の衰えが気になる方など、運転に不安はあるけれど、
仕事や生活上の理由でクルマが手放せない方も多いはず。
また、特に問題は感じていないけれど、ご自身の運転技術を客観的に見るとどうなんだろうと気になる方もいるでしょう。
「DRIVING!」はそんなあなたのために、運転中のサポートと、運転後のメンテナンスで安全運転の好循環を作り出します。
さらに、もしもの事故時も安心の機能を兼ね備えた、安全なカーライフ楽しむためのサービスです。

※ ドライビング!は「ドライブレコーダーによる事故発生時の通知等に関する特約」を付帯した自動車保険契約に提供されるサービスです。

01

運転中のサポート機能

「DRIVING!」の専用ドライブレコーダーは運転中の映像記録はもちろん、走行距離・時間やヒヤリハットが起きた場所など、さまざまな運転データを常に記録しています。また、追突の危険を感知した際にドライバーに注意喚起する車間アラート機能も搭載しています。危ない運転を防ぎながら、もしもの時に役立つデータを正確に記録し、運転中の安全と安心をサポートする機能です。

02

もしもの時の
事故対応サポート

現場の安全確保、救急車の手配や警察への連絡、事故相手への対応など事故発生時は対応しなければならないことが多く、事故の経験がない人ほど何をすればいいかわからず不安になってしまうもの。「DRIVING!」なら、もしもの事故にあわれた場合にご家族や損保ジャパン日本興亜などへ簡単に連絡することができ、必要に応じてALSOKのガードマンが不安なあなたの元へ急行、事故対応をサポートします。事故発生時のお手間と不安を取り除き、ご家族にも安心をお届けします。

03

運転後の
メンテナンス機能

ドライブレコーダーが収集したデータを分析し、お客さまの運転のクセを可視化した、「運転診断レポートRodeco(ロデコ)」をお手持ちのパソコンやスマートフォンで確認できます。専用のドライバーズページからいつでもチェックできます。また、パソコンで簡単にできる視機能トレーニング「eyeトレ」をご用意しました。毎月のレポートとセルフトレーニングで、運転技術向上にお役立てください。

運転診断レポート運転診断レポート
運転診断レポート

運転診断レポート

毎月の総合評価を確認できるドライバーズページをご用意。走行距離や時間、ブレーキやアクセル、ハンドリングなど、評価項目ごとに点数で可視化。同年代のドライバーと点数を比較することができ、運転技術のレベルを客観的に判断できます。

リアルタイム情報リアルタイム情報
運転診断レポート

運転診断レポート

ドライブレコーダーが走行データを常に自動送信しているので、ヒヤリハットや速度超過など、リアルタイムで確認することができます。

もちろんスマートフォンでももちろんスマートフォンでも
運転診断レポート

もちろんスマートフォンでも

パソコンだけでなく、スマートフォンからアクセスすれば、外出先でもドライバーズページはチェックできます。

ゲーム感覚でトレーニングゲーム感覚でトレーニング
視機能トレーニング eyeトレ

ゲーム感覚でトレーニング

視覚機能の簡易チェックや、交通標識確認トレーニングなど、視覚と運転に関するセルフメンテナンスを実施できます。

(北里大学准教授 川守田拓志氏監修)

そのほかのメンテナンス機能

専用ビューアについて

ドライブレコーダーに付属されているSDカードから、走行映像を確認することができます。映像以外にも、詳細な走行データまで確認できるので、運転診断レポートと併せて活用してください。

専用ビューアについて

(注)専用ビューアは、Windows7以上 IE11以上が使用条件となります。

コナミスポーツクラブで
トレーニング!

コナミスポーツクラブと提携し、フィットネスクラブや運動スクールを優待価格で利用することができます。安全運転のため、定期的な運動による健康な身体づくりをサポートします。

コナミスポーツクラブでトレーニング!

(注1)実施プログラムやスクール、設備は施設により異なります。
お住まいの地域により、近隣エリアに施設がない場合がございます。

(注2)利用対象者は自動車保険の契約者または記名被保険者に限ります。

こんな方へ
オススメします

ご自身を含め、ご家族の安全運転の
ための
良いサービスを探している

ドライブレコーダーを
使ってみたい、興味がある

自分の不注意で
ヒヤリとした
または、
された経験がある

もしも事故を起こした時
対応に不安がある

交通事故のニュースを
怖いと思う

年齢とともに自分の
運転技術に衰えを感じる

運転歴が浅い、または
運転に自信がない

お客さまの声

運転に不安のある方を対象に、事前に「DRIVING!」のサービスを使用していただきました。

「DRIVING!」を利用することで、安全運転意識は高まりましたか?

こんな声をいただきました!

ご利用料金について

これだけのサービスがついて月額850円 年払9,720円これだけのサービスがついて月額850円 年払9,720円

保険期間1年の場合の保険料です。また分割割増5%が適用される契約の場合を記載しています。

加入前に必ずチェック!

項目を満たしていない場合は、
サービスの付帯対象外となります。
あらかじめご了承ください。

利用携帯電話の確認

サービスが利用可能な
ブラウザ機能がある。

以下のQRコードから確認できます。

ショートメッセージサービス
(SMS)が利用できる。

(SMS機能を搭載し、かつ受信拒否設定を行なっていないことをご確認ください)

GPS情報が取得できる。

(ALSOKかけつけ安心サービスご利用の場合)

車内装備の確認

シガーソケットが使用できる
車両である。
ご注意

画像認識技術やレーダー機能を使用した安全運転機能付き自動車(自動ブレーキ機能や車間距離制御機能等)に設置される場合には、自動車の販売店・メーカーに設置の可否を確認してください。

ご契約の車両の車高(全高)情報が必要になります。
確認できる資料(主要諸元)をご用意ください。

利用できるサービス

フィーチャーフォン(ガラケー) スマートフォン
自動通報・手動通報後の連絡 〇 〇
ALSOKかけつけ安心サービス 〇 〇
運転診断レポートの閲覧 × 〇
危険運転一覧 / 事故・逆走多発地点マップ × 〇

(注)視機能トレーニングeyeトレや、録画記録の確認・損保ジャパン日本興亜への送信は、パソコンのみ利用可能です。

「貼って差すだけ」の
簡単設置!

ドライブレコーダーはお申込み後、
宅配便でお届けします。
取り付けはとても簡単。
特別な工具等は必要ありません。

設置方法設置方法

ご加入の対象となる
自動車保険契約

対象の
ご契約

記名被保険者が個人の
ノンフリート契約

対象の
自動車

次のいずれかの用途車種に
該当する自動車

(ただし、登録番号のない構内専用車は除きます。)

  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
ご契約
期間

3年以下

特約を新たにご契約いただく場合

ドライブレコーダーのお届けは、ご契約いただいてから2週間~3週間程度の期間を要します。ご契約始期日直前にご契約いただいた場合、ご契約始期日までにお届けできない場合がございますので、あらかじめご了承のうえ、お申込みください。

車両を変更された場合

変更後の車両にドライブレコーダーを付け替えてください。付け替えにあたっては、予備の粘着テープに貼り替えをお願いします。

※手順はドライブレコーダーに同封のサービスマニュアルをご確認ください。

特約を解約された場合

返却キットを解約日から1か月後を目安に送付させていただきます。返却キットを送付させていただいた日が属する月の翌月末日までにご返却いただけなかった場合、違約金(ドライブレコーダー本体30,000円、SDカード5,000円)を請求させていただきますのでご注意ください。

お問い合わせ

ご契約者さま

既に損保ジャパン日本興亜の自動車保険を
ご契約されている方は
取扱代理店へご相談ください。

新規でご契約の方

損保ジャパン日本興亜の自動車保険を
ご契約されていない方は、
損害保険ジャパン日本興亜公式ウェブサイト
より
お近くの代理店を検索してください。

このページは概要を説明したものです。
詳しい内容につきましては、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。

SJNK17-50184(2017.11.01)

高性能ドライブレコーダー

高画質録画により、標識やナンバープレートなどの情報もはっきりと記録が可能。映像だけでなく、撮影日時や地図上の走行経路などさまざまなデータを記録するため、運転後の細かい振り返りや、万一の事故発生時には事故状況を確認することも可能です。

車間アラート

前方車両との車間距離が一定以下になると、ドライブレコーダーが衝突の危険を感知してアラートを鳴らし、ドライバーに注意喚起します。

(注) お申込み後に車両の高さの登録が必要になります。

走行データの
リアルタイム転送

ドライブレコーダーの通信機能により、走行データをリアルタイムで自動転送。クラウドサーバーで管理されます。このデータが運転診断レポートなどに使われます。

自動通報(※)

ドライブレコーダーが強い衝撃を受けると自動的に損保ジャパン日本興亜やあらかじめ登録したご家族の方に事故が発生したことを通知します。また、運転者の方へ送信されるショートメッセージサービスから、ロードアシスタンスやその他のサービスをご依頼することが可能です。

(※)車両同士の衝突事故相当の強い衝撃を検知した場合に、自動通報が行われます。強い衝撃が
発生しないような事故の場合は、緊急ボタンを活用した手動通報が可能です。

手動通報

大きな衝撃がなく、自動的に通報がされなかった場合はドライブレコーダーの緊急ボタンを押す手動通報で、損保ジャパン日本興亜やあらかじめ登録したご家族の方に事故が発生したことを通知します。また、運転者の方へ送信されるショートメッセージサービスから、ロードアシスタンスやその他のサービスをご依頼することが可能です。

ALSOKのサポート内容

全国2,400の拠点から、ALSOKのガードマンが24時間いつでも現場へ急行。安全確保や救急車の手配、事故のお相手からのヒアリングなど、事故時に必要な初期対応を不安なあなたに代わって冷静かつ親身に対応します。

(注)ALSOKのガードマンは示談交渉を行うことはできません。

事故相手へも冷静に対処

もし事故にあってしまった場合、お相手も冷静ではいられないかもしれません。そんな時も心強いALSOKのガードマンが冷静に対処してくれるので、とても安心です。

(注)ALSOKのガードマンは示談交渉を行うことはできません。

録画記録の活用

自動通報時にはドライブレコーダーが撮影した事故時の映像が損保ジャパン日本興亜に自動送信され、映像を活用し事故対応を行います。また、付属のSDカードを使ってパソコン上で動画の閲覧や、損保ジャパン日本興亜への送信も可能です。(※) 録画記録により、もしも事故にあってしまった時の示談交渉の資料としても有効に活用することができます。

(※)SDカードの記録時間は最大10時間で、上書き保存が繰り返されます。